補正下着と産後

産後に体型を戻すのに補正下着は必要?

出産を終えて一段落した矢先、さっそく産後の体型が気になりダイエットをしたいと思うママさんが多いそうです。

 

たるんでしまったお腹や歪んだ骨盤が気になり、今すぐにでも運動したいけど出産後はなのなかなか実行できる体ではないのも事実です。そんなママたちをサポートしてくれるのが産後の補正下着なのです。

 

ここでは産後に着用したい補正下着をご紹介します。

 

産後に補正下着って必要?

産後の補正下着の特徴は、妊娠中に歪んだ骨盤や内臓を正しい位置に戻すことであり、妊娠前のボディラインに戻すようにサポートしてくれるアイテムです。

 

妊娠中は出産に備えてどうしても体に脂肪がつきやすくなりますが、骨盤が広がり赤ちゃんを避ける位置に移動していきます。産後3〜6ヶ月で妊娠前の体に戻ると言われていますが、実際にこの期間に何も努力をしていないと、骨盤がずれたままの状態となります。

 

そうすると皮下脂肪がつきやすくなり、内蔵も下がるのでお腹ぽっこりが目立ち、代謝も落ちてしまうので痩せにくい体質になってしまいます。

 

実際に補正下着の効果としては、腰痛の緩和、 頻尿の予防、正しい姿勢作り、新陳代謝のアップ、脂肪がきにくく痩せやすい体質になる、血行の促進、むくみのケアなどが期待されています。

 

このことから補正下着は産後に体型を元に戻したいという女性の強い味方でもあるのです。

 

どんな下着が良いのか

産後の補正下着の選び方として、まずはどんな種類があるか知っておくことが大切です。

 

種類によって使える時期は変わってきますが、中には兼用できるものもあります。そして産後は妊娠前と妊娠中とは体のサイズがだいぶ大きく変化します。

 

補正下着は緩すぎると効果が減少してしまい、逆にきつすぎると体に悪影響となることもあるので最初はお店の人に相談してみましょう。産後のお母さんが購入したい下着では産褥ニッパーがおすすめです。

 

骨盤周りを優しく引き締めてくれる効果があり、産後すぐからつける点がメリットです。骨盤矯正だけでなく、子宮の回復をサポートにも向いていますよ。

 

締め具合も簡単に自分で調節できる腹巻きタイプもあり、または巻きつけてホックやマジックテープなどで固定するタイプがあります。続いて産褥サポーターもおすすめですが、こちらはお腹周りをやさしく引き締めてくれる、腹巻に似たサポーターです。

 

サポーターはニッパーとは違い、基本的にはお腹周りのふくらみを引き締めることができるようです。そして骨盤ベルトは骨盤の位置を整え、安定させる効果が期待できます。産褥ニッパーに続いてなるべく早めにつけることをおすすめします。

 

血行が良くなるので基礎代謝アップにも繋がりますし、腰や尾てい骨の痛みのケア、産後のお尻まわりのお肉も落とすことができます。

 

使用するタイミング

産後は体がとてもデリケートな状態となっているので、ガードルをつけ始める時期もしっかりと把握しておきましょう。出産直後の1か月ていどは子宮内膜のかけらや、子宮内に残っている血液などが出血する場合もあります。

 

その時期を産褥期間と呼ばれていますが、この時期にガードルで補正してしまうとこれらが出なくなってしまう危険性もあるので注意が必要です。取り入れ始めるタイミングとしては、悪露が落ち着き始める産後1〜2か月が良いとされています。

 

しかしこれも実際には個人差がありますので、産後の体調の回復を見たり、かかりつけのお医者さんと相談した上でガードルを付け始める時期決めましょう。

 

そして補正下着については、自分で体型が戻ったと感じる時期も個人差があるので、自分の中で基準を設けておく必要もあります。

 

一般的に産後1か月程度からガードルを取り入れ始めると良いのですが、ソフトタイプのガードルの場合は、もう少し早目の時期から使えます。ニッパーや産褥サポーターなども同様に使い始めることが可能なのです。

 

そしてパンティタイプの履きやすいものが多いので出産後の女性にとって楽な補正下着でもあるのです。

 

ニッパーや産褥サポーターなどと比較すると補正力が高いため、早くから使える人はまずはソフトタイプから使ってみると良いかもしれません。

 

またガードルは基本的に骨盤を引き締め、矯正する役割があるので、産後1年以上経っていても全く効果が出ないということはないので安心してください。

 

産後の補正下着の利用で注意したい点

産後に補正下着をつけるときの注意点としては、やはり無理をして早くから使用しないことでしょう。

 

まずは補正の前に、補正することができるまで子宮が回復しているかどうかがとても重要になります。産後はまだ悪露が落ち着いていない人が多いので、補正下着によってあまり強く引き締めるのは体に良くないからです。

 

しかし、一方で産褥サポーターは早くつけた方が体型の回復が早いと言う説もあるのです。

 

産後すぐに補正下着をつける場合は、出産当日はなるべく体を休ませ翌日から退院するまでは病院の先生に相談しながら決めて行くと良いと思います。

 

産後すぐは、まだお腹が膨らんでいる女性も多いので、もしかしてこのまま戻らないのではないかと不安に思うかもしれませんが、だからと言って焦って自己判断で補正下着を着用すると危険な場合もあります。

 

体が回復していない状態で無理やり着用したりすると子宮脱という病気になる場合もあるので要注意です。