補正下着とガードル

補正下着ガードルの上手な着用の仕方と注意点!

ガードルとは主にお腹を引っ込めてヒップを持ち上げ、ロングタイプのものは太ももを引き締める効果が期待できる下半身用の補正下着です。

 

しかしガードルをはいているのに、まったくお尻が上がらない、太ももが引き締まらないと悩んでいる方もいると思います。そんな方はガードルで太ももを細くする方法があるので、ここではそんなガードルの上手な履き方や効果を調べてみました。

 

ガードルの種類

ガードルはショーツと同じようにお尻を小さく見せたいという人が、小さいサイズのものを着用している人が多いようですが、実はまったくの逆効果なようです。

 

お腹やヒップを締め付け過ぎると、外へはみ出したお肉の行き場所が分からなくなり、ウエストや太ももについてしまうのです。そうすると下半身が太くなってきてしまう危険性もあるので要注意です。

 

そんなことにならないように目的に合ったものや、自分のサイズに合ったガードルを便利に活用していきましょう。ブラジャーに続いて補正下着で人気なのはやはりガードルなので、今はさまざまな種類があります。

 

体型や目的別に上手に使っていくことで自分に1番合ったガードルを探せると思います。まずガードルにはショートタイプがありますが、これは丈が短いショーツ感覚のガードルです。

 

続いてスタンダードタイプのガードルは一般的な丈のガードルで主にお腹、ヒップをバランスよく補正していきます。ロングタイプのガードルはウエストから太ももまでをサポートするガードルで、主にひざ上やくるぶしまであるロングタイプになります。

 

ハイウエストタイプはウエストラインより高めの場所からしっかりと補正するタイプのガードルで、ウエストのラインが更に強調されます。シームレスガードルは縫い目がないタイプなのでアウターにひびきにくいメリットがあります。

 

ショーツガードルはショーツのように直穿きするタイプのガードルなので普段使いしやすいタイプです。

 

ガードルの上手な着用の仕方

ガードルをはく時には、ショーツのように一気に履くのではなく順番をしっかり守ってゆっくりと履いていきましょう。まずウエスト部分を外に2〜3回折り曲げて自分が履きやすい状態にしてから両脚を通していきます。

 

そして両手でガードルの前方部分を持ち、おへその真中に前の中心が来るくらいまで履きます。後ろの部分を両手で持ってウエストまで引き上げたら、今度は片手でヒップの下部分を押さえるようにします。

 

そして片手をガードルの中へ入れ、お尻のお肉をガードルに中にしっかり入るようにしましょう。ガードルの前後を持ち、この時にウエストラインが水平になるように位置を調節しながらお腹を平らにしていき、中心から背中に向かってお肉をならしていくことが肝心です。

 

特に注意したい点は履くときにキツすぎないか、股部分は食い込みがないか、裾がめくれ上がっていないかをチェックしましょう。

 

ガードルの効果

ガードルやコルセットなどの補正下着の効果は、腹圧などの圧迫を加えて骨盤を安定させ、筋肉をサポートします。

 

ですからただ履いているだけで、筋肉を使っていることと同じなので痛みを和らげたり、体のラインをしっかりと引き締めることができるのです。本来であればウエスト周辺には腹横筋と言う筋肉が体を支えているのですが、この部分がウエストを引き締めていて、天然のコルセットの役割となっています。

 

しかし年を取るにつれて筋肉が衰えることで身体をサポートしきれなくなってしまうので、本来のコルセット機能では不十分となり、ガードルやコルセットなどに頼らなくてはならなくなります。

 

補正下着は毎日使うからこそ効果が期待できますが、人によっては体のラインをよく見せたいときなどピンポイントの日だけに使う人もいます。本当なら補正下着に頼る前に、腹横筋を鍛えることがベストなのですが、早く体型を綺麗に見せたいという人にガードルはおすすめなのです。

 

補正下着を使う際の注意点

特に既製品のガードルを購入する際には、販売員にしっかりと試着に付き添ってもらい、履いた感じや付け心地、締め付けなどをチェックしてもらってから購入するようにしましょう。

 

実際にオーダーメイド品の購入の場合でも同じことが言えて、採寸や完成後の試着まできちんと行ってください。たとえオーダーメイド品であっても、完成したものが自分の体にフィットしない場合はちゃんと改善してもらうようにしてください。

 

補正下着はブラだけでなくどんなタイプの下着でもやはり定期的な見直しが必要になります。補正下着の効果で、脂肪の移動を行うものになるので、その度に新しい下着を着用しなければ、せっかく移動させた脂肪が元に戻ったり、逆にボディラインを崩す要因になります。

 

ですから、補正下着の効果を感じられたらまた新たな補正下着が必要になってくるのです。補正下着は自分の身体のラインに合ったものを着用することでかならず効果が期待できます。

 

しかし、逆に自分に合っていない下着を長く着用し続けることは健康にも体型にも悪影響が出やすいのです。